【スライドレイアウトが思いつかなくて困った…人必見】インスピレーションをもらえるスライドデザイン事例

【スライドレイアウトが思いつかなくて困った…人必見】インスピレーションをもらえるスライドデザイン事例

Benrie開発メンバー内でとても参考になると思ったスライド資料の事例2つと、スライドまとめサイト2つをご紹介します。

■Santander 決算説明資料 (2019年度)

ポイント① 色は一貫したルールで用いる

色遣いに関して、青はメインカラー・赤はアクセントカラーとして一貫したルールで用いられているため、色は多いように見えますが全体としてとても読みやすくなっています。

ポイント② アイコン・イラストの活用

アイコンやイラスト、写真が多く用いられているため、読み手にとって直感的に内容が把握しやすくなります。

・strategy& デジタル自動車レポート2020

ポイント① メッセージを強調する

本文の文字サイズ・フォントに対して、メッセージの文字サイズはかなり大きく、フォントには明朝体を使用しています。そのため、メッセージがかなり強調され、1スライドで伝えたいことがはっきり明確になっています。

ポイント② 視線の流れをつくる

比較的分量が多いスライドですが、左上から右上を読み、左下から右下と視線の流れがつくられており、自然に読み進めることができます。

こちらはBenrieアドインのほうのリンク集にもまとめられているので、スライドのレイアウトやデザインに困った時はすぐにチェックできます。(ダウンロード方法はこちら)

もっといろんなスライド資料の事例がみたいという方向けにまとめサイトを2つご紹介します。

1つ目はSlideShare。投稿されているスライドの数はダントツで、イメージに合うスライドに出会うことができるでしょう。

https://www.slideshare.net/

2つ目はalleというサイトです。SlideShareが海外の資料も多くあったのに対して、alleは日本語の資料だけなので、より直接的に参考にしやすいといえます。

https://the.alleslide.com/

コメントを残す