【簡単に綺麗にできるコツ】パワポを見やすく綺麗にするためのレイアウトの参考や法則やポイント紹介!

【簡単に綺麗にできるコツ】パワポを見やすく綺麗にするためのレイアウトの参考や法則やポイント紹介!

レイアウトのポイントの3つをご紹介します。また、Benrieには、レイアウトのコツを簡単に実践できる便利な機能が揃っています。ぜひ、ご活用ください!

まず、レイアウトのポイント3つを紹介します。

1つ目のポイントは、テキストや図形などのオブジェクトを整列させることです。

整列には主に3タイプあります。
①オブジェクトのサイズ(幅・高さ)を揃えること
②左揃え・中央揃え・右揃えのいずれかで端を揃えること

③オブジェクトの間隔を統一すること
これらの整列を行うことで、スライド全体が整った印象で抜群に見やすくなります。

詳しくはこちら(⑨パワポ 整列へのリンク)で解説しています。

2つ目のポイントは、特に伝えたいメッセージを強調させることです。1枚のスライドで伝えたい内容(メッセージ)を、スライド上部などに比較的大きめの文字サイズ、背景色や文字色等を活用して、他の内容よりも目立たせることが重要です。また、スライド内容の中でも特に相手に伝えたい優先度の高い内容に関しても、太字や文字色、背景色などの工夫をし、自然と目が行くようにさせることもオススメします

3つ目のポイントは、余白を適切にあけることです。テキストの四方と縁どうしが近いと読みづらく、混雑した印象を与えてしまいます。余白をつくることで、スッキリとして読みやすいスライド資料にすることができます。
余白を設定する方法は、テキストボックスやテキストの入ったオブジェクトを選択した状態で、上のメニューバーに表示される【図形の書式設定】をクリックします。そこで【文字のオプション】を選んだ状態で、一番右の【テキストボックス】を選択します。そこで余白設定が表示されるので、数値で余白を設定することができます。

これらの操作はBenrieを使って、より簡単に・素早く行うことができます。

〜Benrieの整列・配置機能〜

サイズを揃える操作や整列は、複数クリックが必要ですが、Benrieではメニューから直接クリックすることで実行できます。

下は、Benrieのメニュー画像です。

〜Benrieのカラーパレットや書式を登録できるプリセット機能〜

Benrieでは、塗り・ふち・文字色のカラーをワンクリックで変更できるカラーパレットを画面右に呼び出すことができます。常にカラーパレットを表示されられるので、より直感的にすばやく色をつけたり変更したりすることができるので、とても便利です。

また、Benrieにはプリセットという、文字フォント・サイズ・色などの書式を登録しておき、別のオブジェクトに適用できる機能があります。このプリセット機能を使えば、見出しやメッセージ、目立たせたい文章に使う書式などを登録しておくことで、いちいち設定する手間を省けると同時に、書式に統一感が保たれたスライドを作ることができます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。